2017/02/25 (Sat) 15:06
■ クロさん病院メモ:4歳半?/体重4.66kg■
診察:全身触診→腫れ・傷等なし
検温:38.6℃
点滴:250mL×1回(カリウム入り)
注射:吐き気止め
血液検査:カリウム不足・黄疸
缶詰×1個&シリンジ

合計:12,000円

**************************


心配なので血液検査をしてもらいました。
貧血や脱水はなかったものの、5日も食事ができてないので
シリンジで強制的にあげることになりました。
やわやわの缶詰フードです。

【ヒルズ】の『療法食 犬猫用 a/d(エイディー)156g×1缶 [回復期]』 350円?

●グルタミンの含有量を増やし、以下をサポートします。
 感染症による合併症のケア、細胞性免疫、腸細胞へのエネルギーの供給、
 重篤なペットの腸粘膜を維持(腸のバリア機能の維持)
●電解質(カリウム、ナトリウム、クロライド)を増量し、疾病による喪失を管理。
●アルギニンと分岐鎖アミノ酸を増量し、筋肉や臓器組織の分解を軽減。
●パッケージ、栄養特性、原材料、保証分析値、乾物量分析値、
 代謝エネルギー、給与量、製品コードが一部変更になります。

・エネルギー供給
 高蛋白質・高脂肪で、衰弱時・回復時に必要なエネルギーを供給します。
・アミノ酸(BCAA)を強化
 筋肉組織のエネルギー源となる分岐鎖アミノ酸(BCAA)を強化します。
・免疫力の維持
 免疫力の維持に役立つアルギニンとオメガ-3脂肪酸を強化します。




スプーンでシリンジに詰めて与えます。



一回15~20mLを目安に、1日1缶。
この1缶156gで必要な栄養が摂取できるそうです。

この給餌は2人がかりでやります。
1人が後ろから両手で首を押さえ、猫が後退しないようにホールドします。
もう1人が頭部を掴んで首を前に少し伸ばしてから
直角に持ち上げると自然に口が開きます。・・・が、これが難しい。
うまく開けば正面から注入できますが
あまり開かないようだったら、牙の横からやれば注入できました。

1日2回、錠剤の抗生剤も飲ませるのが一苦労ですが
このエサと一緒にやる時は錠剤を粉砕して混ぜればいいので楽です。

カリカリを食べてくれたらいいンだけど・・どうして食べないのかなぁ?
原因不明の発熱なのでこのまま様子を見るしかなさそうです。



すっかり痩せてしまって、首輪もぶかぶか。
抱っこしても軽くて悲しくなります・・・。

獣医さんが日曜の朝も開けてくれるとのことで
検温と点滴をしに行きます。

クロさん、明日も通院だよ。