2016/10/09 (Sun) 17:03
■ ゆずさん病院メモ:5歳 3.9kg■
再診料:300円、処置料(点滴)2,000円、注射(薬3種)1800円、
合計:4,428円(税込)


昨日の夜中に食べたフードをそのまま吐いていたゆずさん。
勢いよく食べて吐いたのか、
腎臓のせいで気持ち悪くて吐いたのかはわかりません。
元気は良くて走り回っているけど、点滴に連れていきました。

体重は気持ち、増えていました。

腎臓が腫れていたらいけないので
今回は看護師さんも一緒に抑えてくれて、
しっかり触診してもらうことができました。

触った感じでは違和感はないそうです。
来月まで血液検査のキャンペーンをしているようなので
吐き気が落ち着いたら採血してまた数字を見てみましょうとのこと。

で、ゆずさんくらいの暴れ加減なら、
「麻酔をしなくても健康診断もできそうですよ^^」って言ってもらえました。

ホントに?

「前回の採血もみんなで少し押さえていただけで
すごくいい子にしていたから、きっと大丈夫ですよ。
本当に触れない子は本気で噛みついてきてムリですから・・・(苦笑)」って。

わー、そう言ってもらえて嬉しい。

病院に行くときはいつも、なんか・・ね、複雑な気分でした。
ゆずは、外がすごく怖かったり、骨瘤が痛くて威嚇しちゃってるのに
なんか、ゆずが悪いみたいな雰囲気になっていて、
ゆずが暴れるから麻酔しないと何もできない・・みたいな、ね。

今の病院では、
押さえる場所や掴む部位を的確に教えてくれます。
猫が怖がる大きな革のグローブも使用しない方針だそうです。

いろいろ納得です。

ゆずさんは、昨夜食べたのを吐いたものだから
とってもおなかがすいているらしく、家に帰ったら
ものすごい文句とともにエサを催促されました(苦笑)。

また吐いたらいけないので少しづつ数回に分けてあげました。



ゆっくりがんばろうね、ゆずさん。