2016/08/29 (Mon) 23:10
昨日、点滴をしたけれどやっぱり元気がなく、グッタリしています。
先日から3日も食べていない状態なので別の動物病院に連れて行きました。

状況を説明し、以前の腎臓の件もあるので血液検査をしました。



腎臓の数値が基準の倍以上になっていてすごく悪化していました。
ものすごく気持ち悪く、吐き気があって当然だと・・・
点滴に吐き気止めなどの薬を3種類ほど混ぜて打つことに。
3、4日通って様子を見ましょうとのこと。

・食事:8/29 朝×、夜1/2(可溶性繊維のみ) 

■ ゆずさん病院メモ:5歳/体重3.8kg ■
診察料:600円、血液検査5,700円、処置料(点滴)2,000円、
注射(薬3種)1,800円
合計:10,908円(税込)


***

案の定、怖がって暴れるゆずさんですが
新しい動物病院の獣医さんは、ゆずの身体をどう持ったらいいか
的確に教えてくれ、採血も順調に出来ました。
前の病院だと止血なんてほぼせずキャリーに戻されたけど
ここではきちんと血が止まるまで患部を押さえてくれていました。

点滴の際は、病院で用意してくれた小さなキャリーに移し、
怖がらないようにバスタオルでゆずの顔を覆って
キャリーの中で点滴を打ち、テープで止めてキャリーのふたを閉めました。
すると、押さえられていないので、ゆずも怖がらず・怒らず。

この病院では、点滴バッグに圧をかけて
ものすごく早いスピードで入れるやり方だったので
ゆずがライオンのように怒る間も無く、あっという間に終わりました。
診察にも使いやすい小さなキャリーは通院する間ずっと貸してくださるとのこと。
獣医さんの説明も丁寧で信頼できそうな感じです。
料金もレジ打ちで明細がきちんと出ます。

腎臓の件で、気になったフードについても相談しました。
これはまた別記事で・・・。