2016/08/12 (Fri) 21:09
今夜『ペルセウス座流星群』がピークらしいです。

8月12日の夜半から13日未明にかけて最も多くの流星が見られそうです。
また、その前後、11日の夜半から12日未明にかけてと、
13日の夜半から14日にかけても多くの流星が出現すると考えられます。

2016年のペルセウス座流星群の極大は、
日本時間の8月12日22時頃と予想されています。
その時刻にはまだ月明かりの影響がありますので、
夜半頃に月が沈んだ後が観察に適した時間帯です。
未明まで流星の活発な出現が続くと考えられます。


準備をせねば・・・☆彡