2013/12/12 (Thu) 17:20
今朝もウチから見える山のてっぺんは雪化粧。

寒くてお布団から出るのが苦痛でございます。



『あたくしも出たくにゃいですニャ・・・』

ケータイのブレブレ画像ですがゆずさんの新しい毛布。
新しいけどサイズが間違っていて使ってなかった人間用を進呈。
ピンクの可愛いもふもふ毛布です。

なのにカサカサした裏地の方に包まっている
おかしなゆずさん。

肌触りがイイ方に入りなよー。



『こう?』

そうそう。
ピンクの柔らかい方の隙間に入ってね。

足元には湯たんぽが入ってます。
ぬくぬくで気に入っているようです。

この毛布の隣には
【ダンボールde手作り猫コタツ】も置いてありますし、
以前購入した丸い手作りベッドも置いてあります。

お猫さまのご気分によってお好きな物にお入り頂けます。

他にも、ケージの上には2つのベッド、
室内縁側には3つのカップがあるキャットタワーと
父上の30万円竹細工ベッドがございます。

・・・ウチのお猫さまは、たったの1匹ですが、何か?(笑

もとい。
猫コタツの作り方の記事に載せている画像のような
ペラペラの膝かけでは長時間の保温効果は期待できませんので
このコタツも分厚い人間用毛布ですっぽり包んでいます。

日中は湯たんぽを入れなくても
お猫さま本猫(本人)の体温で、中はポカポカになっています。
暗くて狭いのが好きなお猫さまは
最近はよくコタツの中でお昼寝をしていらっしゃいます。

元々は、ファンヒーターを消したあと
夜中から翌朝までの暖房対策として作りましたので
寝る前には熱めの温度のお湯を入れています。

もしかしたら熱過ぎて入ってない可能性あり!?
でも、あんまりぬるくても意味ないしなー。
湯たんぽの温度調整が難しいです。

何事も愛するお猫さまのために───。

シモベの人間は一心不乱にお仕えしておりまするぅ。