2013/09/15 (Sun) 11:34
ゆずさん、あれから体調は復活してきたようです。

心配してくださった同じスコテュッシュを飼われている
飼い主さんから丁寧なアドバイスを頂きました。
本当にありがとうございました。
当ブログにはコメ欄を設置しておりませんので
この場を借りてお礼申し上げます。

今は食欲も戻り、市販のカリカリは10粒ほどに減らして混ぜ、
消化器サポートをしっかり食べてもらっています。

やはり市販のカリカリは食いつきを良くするため
味も香りも強くなるように製造されているようです。
10粒から5粒、3粒に・・・と減らしていく予定です。



お気に入りのタワーの上でゴロリンチョ。



やはり上から見ると丸で囲んだ部分が太いですね。
でも以前から今日までに進行しているようには見えず、
現状維持のようで、まずまずかと思います。



足先の骨瘤もこんな感じですがコチラも現状維持で
健康診断の時のレ線を見ても
進行している様子はありませんでした。
このまま酷くならず
骨瘤の進行が完全にストップしてくれたらいいのですが。

血便を心配して1週間中止したメタカム
長期投与による副作用が怖いのであれから中止しています。
獣医さんからは「一週間過ぎたらまた投与してください」と
言われましたが・・・やっていません。

一週間、間を空けたから何になるのか
納得いく説明が得られなかったから。
そして、歩き方を見ていても
ビッコや痛みが酷そうに見えないからです。

たとえ1メモリだからといっても
もう長期投与しているので副作用の方が怖いです。

処方当初から
メタカムとレペタンは作用する経路が違うし、
血液検査で異常な数値は見られないから
両方与えてくださいと言われていましたが
レペタンで痛みが抑えられているなら
それでいいのではないかと思ったからです・・・。

素人判断でこんなことをしていいのかどうか
悩んでしまう時もありますが
血便がメタカムのせいで悪化していたのなら投与したくないです。
メタカムのせいで胃や腎臓が悪くなる方が怖いです。
血液検査で異常が現れてからでは遅くないですか?

そして、たまたまかもしれませんが
メタカムを中止してからは血便が減ったようで
最近は血らしきものが見えません。
確認は私の目視なので一概に言えないのは分かっていますが。

ゆずさんの体調が一旦戻ったように見えているので
違う病院には連れて行っていませんが
やっぱりセカンドオピニオンは必要かなと思います。

通院は、ゆずにとってものすごいストレスです。
キャリーに入れる時から大暴れ。
病院では触ってもいないのに
誰かれ構わず牙を剥いて激しく威嚇します。
これまでの診察や注射が痛くて怖いのでしょうね。

なので頻繁な通院は気が進まないのですが
どうも今の獣医さんの説明では納得できず
いろいろ気になるので
他の獣医さんの診察を受けて
意見も聞きたいと思ってしまいます。


可愛い寝姿を見ながら
痛いか痛くないかだけでいいから
喋れたらいいのにな・・・と思ってしまいます。

レペタンも一旦中止してみて
歩き方や痛みの具合を観察する手もありかな・・・
と思っています。

スコティッシュには
先天性の内臓疾患を患っている個体も多いそうです。

小さな身体のニャンコを
過大なストレスにさらしていろんな検査をし、
そこでまた別の病気が見つかったら
更なる投薬や治療をずーっと施していくことが
ニャンコにとっていい事なのかどうか・・・
ニャンコがそれを望むのかどうか・・・
難しいです。